不妊治療のことを明るく話せる人ってどれぐらいいるのかな?

みなさん、こんばんは。

あいうみ助産院のないとうです。

今日は不妊治療のことについて持論展開します。



昨日は、食育について学んでいるサロンで、
私がよりよい妊娠、出産のためにというテーマでお話しさせてもらいました。

二ヶ月に一回ぐらいのペースで話していますが、毎回少しずつ内容を変えています。


今回、少し不妊治療のことについて触れました。

治療の件数は増加の一途をたどっていること。

生殖補助医療を受ける人がそれだけ増えていること。


医療の力を借りて妊娠することが自然になっていること。


医療の恩恵を受けて我が子を抱ける人もたくさんいます。

ただ、治療を受けているから、と、もう万策尽くしていると思うのは少し違うんじゃないか。

思うように授からない。


その意味。




あなたの子宮はどう思ってる?


私がダメだとか、どうしてみんなは授かってるのに。とか。


そう思うのも自由。

だけど、

不妊という事実を受けて、自分が日々どう過ごすか。


それはあなた次第。

せっかく人間に生まれてきたんだもん。


泣く日もあってもいい。

すねる日があってもいい。


でもさ、


せっかくなら


楽しく笑う時間を増やそうよ。


そんなお話をした後で、聞いてくださった方から感想をいただきました。



「不妊治療のことについてこんなに明るく話している人、はじめてです。」


事実は認知次第で変わる。

そう思います。

自分が心地よいと感じること。

自分は生まれながら価値のある存在だと認めること。

妊娠するとかしないとか


産んだことがあるとかないとか






そんなの関係ねぇ(古っ)

あいうみ助産院

豊田市にある助産院です。 自分らしく、幸せな育児をするお母さんをお手伝い。 泣いてもいい。悩んでもいい。 でも、やっぱりお母さんは笑っていてほしい。 母の笑顔は世界の笑顔! 母乳相談やお話会、出張で自宅出産もしています。

0コメント

  • 1000 / 1000