不登校ってそんなにだめ?

おはようございます。

これは未来の自分のために書いてます。

子どもたちが独り立ちして

「あぁ、そんなこともあったなぁ。」と

過去のこの記事を読む日が来ることを期待して書いてます。

助産師としてとかじゃなくて一人の母親として書きます。

小学生の二人の息子と幼児の息子。

お腹に娘の予定の子を妊娠中。

小学生の二人、4年生と1年生がいます。

長男は3年生の頃から、次男は入学当初から、なんなら入学前から

小学校には行きたくない。と言っています。

最初は学校に行かせるように働きかけようとか

行かないとどうなっちゃうんだろうとか。

本当にいろ~んなことを考えました。

最初は、って書いたけど、今でも考える。

毎日毎日考える。

子どもにとって一番幸せってなんだろうとか。

かといって毎日ゲームと動画で過ぎていくこの時間が

彼らにどんなプラスになってるんだろうか、とか。

考え出すと止まらないから

気づいたら気分が悪くなることも

(若いころは考えすぎて嘔吐するこもあったなぁ)

こどものために。とか、

お母さんの笑顔が一番!とか、

私も仕事柄よく使うけど、

これって魔法の言葉でもあり、呪文でもあり。

自分のコンディション一つでいかようにも受け取れる。

いろいろ、もう疲れたから

学校の先生としっかり腹を割って話そうと思う。

「きっと分かってもらえない」と思って話すんじゃなくて

「私は今こう思っています」という

ただシンプルなメッセージすら今までちゃんと話せてなかったな。

と今朝息子二人から学んだ。

いつからでも遅すぎることなんてないんだよな。

不登校はだめなんかじゃない。

頭では思ってたけど、今日本当にそう感じた。

続きは気が向いたら書こう。


あいうみ助産院

豊田市にある助産院です。 自分らしく、幸せな育児をするお母さんをお手伝い。 泣いてもいい。悩んでもいい。 でも、やっぱりお母さんは笑っていてほしい。 母の笑顔は世界の笑顔! 母乳相談やお話会、出張で自宅出産もしています。

0コメント

  • 1000 / 1000